全国・海外のニュース

営業秘密不正複製で有罪、愛知 工具メーカー元社員

 愛知県豊川市の大手工具メーカー「オーエスジー」で製品図面データなどの営業秘密を複製したとして、不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の罪に問われた元社員花見和敏被告(62)に、名古屋地裁豊橋支部(明日利佳裁判官)は11日、懲役2年、執行猶予4年、罰金50万円(求刑懲役2年、罰金50万円)の判決を言い渡した。
 明日裁判官は判決理由で、複製した情報は「被害企業にとって重要性は高い」と認定。動機については将来、同被告が事業を行う際や元同僚から情報提供の依頼があった時に役立てたかったとして「身勝手で、被害企業の信頼を裏切る悪質な犯行」と指摘した。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月11日金曜日


先頭に戻る