全国・海外のニュース

公式HPに差別表現掲載、三重 県、非公開に

外国人に対する差別的な表現が含まれていた三重県の公式ホームページ=11日午前

 三重県に寄せられた意見などを紹介する県の公式ホームページ(HP)の「県民の声」に、外国人に対する差別的な表現が含まれていることが11日、分かった。県は、早急に内容を確認して非公開にする。
 県によると、外国人のビザ要件緩和について「三重県の治安が間違いなく悪くなります」など差別的とも受け取れる表現が2013年度に6件掲載されていた。12年度には「中国との国交は中止してください」との記述もあった。
 HPの「県民の声相談・さわやか提案箱」では、県に届いた意見や要望などを各担当課が回答。誹謗中傷や個人情報が含まれるメールは、掲載されない仕組みになっているという。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月11日金曜日


先頭に戻る