全国・海外のニュース

大麻リキッド所持を初起訴 電子たばこ使用摘発困難

押収された大麻リキッド(関東信越厚生局麻薬取締部提供)

 関東信越厚生局麻薬取締部が、乾燥大麻を所持したとして大麻取締法違反容疑で逮捕したヒップホップミュージシャンの男(44)が、逮捕容疑に加え、電子たばこで成分を蒸発させて吸引する「大麻リキッド」を所持していた罪でも起訴されたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。
 麻薬取締部によると、リキッドは大麻特有の臭いが少なく、外観も電子たばこ用のフレーバーと見分けにくいため摘発は極めて困難。全国の麻薬取締部が関わった事件で、リキッドの所持罪で起訴されるのは初めてという。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月12日土曜日


先頭に戻る