全国・海外のニュース

東日本の太平洋側で激しい雨 土砂災害にも警戒を

 気象庁は13日、東日本の太平洋側で14日明け方にかけて雷を伴った激しい雨が降るとして、河川の氾濫や土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。
 気象庁によると、西日本から東日本に延びた前線が13日夜遅くにかけて本州付近を通過する見込みで、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、近畿から東日本太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になる。
 14日午後6時までの24時間の予想雨量はいずれも多い所で、伊豆諸島120ミリ、東海、関東、近畿80ミリ、甲信60ミリ。
 気象庁は竜巻などの激しい突風にも注意が必要としている。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月13日日曜日


先頭に戻る