全国・海外のニュース

九電が火山灰対策装置を公開 川内原発の安全強化狙う

川内原発1号機の非常用ディーゼル発電機に取り付けられた火山灰対策用フィルター=13日午後、鹿児島県薩摩川内市
九州電力川内原発1号機で報道陣に公開された、燃料を原子炉に装填する作業=13日午後、鹿児島県薩摩川内市

 九州電力は13日、定期検査中の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の非常用ディーゼル発電機に新たに取り付けた火山灰対策用フィルターを報道陣に公開した。原発に異常が発生した際、大量の火山灰で原発に供給される電源が止まることがないよう、安全対策を強化するための措置。
 新規制基準では、電力会社は原発から半径160キロの範囲の火山を調査し、必要に応じて防護対策を講じる必要がある。この基準に従い、九電は昨年12月までに川内1、2号機に設置されている非常用ディーゼル発電機計4基の吸気口にそれぞれ横約2・7m、高さ約2・2m、縦約2・3mの箱形フィルターを取り付けた。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月13日日曜日


先頭に戻る