全国・海外のニュース

首にコードの男性死亡、三重 県警、殺人容疑で捜査

 13日午前5時55分ごろ、三重県鈴鹿市稲生塩屋1丁目の住宅の駐車場で、軽ワゴン車の後部座席に、住人の解体作業員の男性(25)が首に電気コードが巻き付いた状態で倒れているのを義理の息子(25)が見つけた。
 男性は搬送先の病院で死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は窒息だった。県警は14日、殺人容疑で鈴鹿署に捜査本部を設置した。
 同署によると、車は男性が所有し、エンジンキーは差し込み口に入っていて、ドアは施錠されていなかった。
 男性は妻(45)と2人暮らし。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月14日月曜日


先頭に戻る