全国・海外のニュース

甲府や鹿児島で真夏日 東京は今年一番の暑さ

 日本列島は14日、広い範囲で晴れて気温が上昇した。梅雨の中休みとなった沖縄県内のほか、甲府市や鹿児島市など4県16カ所の観測地点で30度以上の真夏日になった。東京は7月中旬並みの28・6度で今年一番の暑さになった。
 気象庁によると、高松市や山口市でも今年の最高気温を更新した。全国で最も気温が高かったのは沖縄県竹富町の波照間島の31・1度。15日も全国的に晴れて気温の高い状況が続く見通しという。気象庁は小まめな水分補給など熱中症への対策を呼び掛けている。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月14日月曜日


先頭に戻る