全国・海外のニュース

イージス、秋田と山口が候補地 防衛相、配備先を具体的に明言

1月、ハワイで小野寺防衛相(左から2人目)が視察した「イージス・アショア」の実験施設(共同)

 小野寺五典防衛相は15日の記者会見で、政府が2023年度の導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に関し、秋田、山口両県が「配備候補地となると考えられる」と述べた。配備先の都道府県名を具体的に挙げたのは初めて。
 防衛省が14日に秋田、山口両県に近く配備に関する説明をしたいと伝達したことに関し、小野寺氏は会見で「候補地に関する最終的な検討、調整を行っており、説明を行う日程確認のため事務連絡をした」と指摘した。地元住民への説明については「自治体との協議の中で検討していく」と述べるにとどめた。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月15日火曜日


先頭に戻る