全国・海外のニュース

東北農政局、OBに便宜 震災事業で入札関連情報を漏らす

東北農政局による天下りOBへの便宜供与のイメージ

 東日本大震災後に国が進めている農地復旧事業で談合が行われた疑惑を巡り、発注者である農林水産省東北農政局(仙台市)の担当者がゼネコンに天下りしたOBの働きかけに応じ、入札関連情報を漏らすなど便宜を図っていたことが関係者への取材で16日分かった。疑惑を調査している公正取引委員会も事実関係を把握しているもようだ。
 農政局は公取委が調査中であることを理由に「コメントは差し控える」としたが、斎藤健農相は16日の衆院農林水産委員会で「仮に報道されている内容が事実であれば極めて遺憾だ。厳正に対処する」と述べた。今後も調査に協力するという。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年05月16日水曜日


先頭に戻る