全国・海外のニュース

タミフルの10代投与再開へ 厚労省、異常行動の関連分からず

インフルエンザ治療薬のタミフル

 厚生労働省の専門家会議は16日、10代のインフルエンザ患者に治療薬タミフルの投与を再開する方針を決めた。服用後の異常行動が報告され、2007年から原則中止になっていたが、他のインフルエンザ治療薬と同様の扱いとする。会議では、異常行動とタミフルの因果関係は分からず、服用の有無や薬の種類で異常行動の発生に大きな差はないと判断した。
 一方、子どものインフルエンザ患者の異常行動の報告は続いており、薬を服用したかどうかにかかわらず、できるだけ目を離さないよう保護者に注意喚起を続ける。


2018年05月16日水曜日


先頭に戻る