全国・海外のニュース

メニコンの顧客カード情報流出 不正利用で被害27人、6百万円

 コンタクトレンズ大手のメニコン(名古屋市)は17日、子会社の会員専用サイトが外部から不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出したと発表した。不正利用によって27人、約668万円の被害を確認したとしている。
 子会社はコンタクト販売店「エースコンタクト」を東日本で展開するダブリュ・アイ・システム(東京)。2017年12月17日〜18年3月27日にサイト「A―Web(エースウェブ)倶楽部」で、クレジットを使って決済した3412件で会員名とカード番号、有効期限の情報が流出した可能性がある。


関連ページ: 全国・国外 経済

2018年05月17日木曜日


先頭に戻る