全国・海外のニュース

祝日を移動し東京五輪の渋滞緩和 改正特措法が成立

東京五輪を巡る2020年祝日移動

 2020年東京五輪での輸送、警備の円滑化を目的とした改正五輪特別措置法が13日、参院本会議で可決、成立した。既存の祝日を移動させることで五輪開幕前日の7月23日、開会式がある同24日、閉会式翌日の8月10日の3日間を休日とし、都内の渋滞を緩和する狙いがある。祝日の移行は同年に限る。
 この3日間は各国首脳ら多くの要人の出入国が予想される。7月23日には「海の日」(7月第3月曜日)を、同24日には「体育の日」(10月第2月曜日)を、8月10日には「山の日」(8月11日)をそれぞれ移す。
 禁止薬物使用を取り締まる初の国内法のドーピング防止法も可決、成立した。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2018年06月13日水曜日


先頭に戻る