全国・海外のニュース

東証3日続伸、88円高 円安好感、3週間ぶり高値

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 13日の東京株式市場は円安ドル高傾向を好感した買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は3日続けて上昇した。終値は前日比88円03銭高の2万2966円38銭となり、約3週間ぶりの高値で取引を終えた。
 東証株価指数(TOPIX)は7・55ポイント高の1800・37。出来高は約11億9800万株。
 東京株の取引時間中に円相場が1ドル=110円台半ばから後半の円安ドル高水準で推移し、輸出の採算改善が見込める銘柄を中心に買いが入った。平均株価の上げ幅が100円を超えて、2万3000円に近づく場面もあった。


関連ページ: 全国・国外 経済

2018年06月13日水曜日


先頭に戻る