全国・海外のニュース

9条改憲、地方政策で舌戦 自民党総裁選討論会

自民党青年局・女性局主催の討論会を終え、握手する石破元幹事長(左)と安倍首相=14日午後、東京・永田町の党本部

 自民党総裁選(20日投開票)で一騎打ちとなった安倍晋三首相(総裁)と石破茂元幹事長は14日午後、党青年局・女性局主催の討論会で論戦を続けた。安倍氏は憲法9条改正を巡り「政治家が責任を果たすべきだ。自衛隊を書き込むことで違憲論争に終止符を打つ」と早期実現に意欲を表明。石破氏は「スケジュールありきでやるべきでない。国民に理解してもらう努力が要る」と指摘した。地方政策や外国人労働者の受け入れ問題でも舌戦が熱を帯びた。
 双方は、改憲項目の主張だけでなく、改憲の進め方や手法に違いがあることが明確となった。アベノミクスや防災対策、社会保障政策も論点となった。


2018年09月14日金曜日


先頭に戻る