全国・海外のニュース

核廃絶取り組み推進、首相に要請 平和首長会議会長の広島市長ら

 核兵器のない世界を目指す国内外の都市が連携する「平和首長会議」会長の松井一実広島市長らは9日、外務省を訪れ、核廃絶に向けた取り組み推進を求める安倍晋三首相宛ての要請文を辻清人外務政務官に提出した。
 要請文は「広島・長崎の被爆の実相を見れば、核兵器は『非人道兵器』の極みで『絶対悪』であることは明らかだ」と指摘。「国際社会は具体的な核軍縮の措置を速やかに実施するべきだ」として、核兵器禁止条約への日本の参加を求めた。
 同会議が5、6両日に岐阜県高山市で開いた国内加盟都市会議総会でまとめた。提出には副会長の田上富久長崎市長と高山市の高原透市民活動部長が同席した。


2018年11月09日金曜日


先頭に戻る