全国・海外のニュース

外国人実習生、死亡7割近く若者 少ない記載、状況分からず

技能実習生の主な死亡原因

 2015〜17年の3年間で事故や病気、自殺などにより、外国人技能実習生69人が死亡していたことが6日分かった。69人は18〜44歳で、7割近くを20代が占めた。
 法務省が集計した資料には「死亡原因」の欄はあるが「交通事故」「溺死」「自殺」「心不全」などとだけ記載され、状況が一切分からないケースが多かった。法務省は「内容を把握していない」として今後調査する考えを示したが、野党側は「ずさんな対応だ」と非難、原因究明を求めている。
 資料は立憲民主党の有田芳生氏が公表。死亡原因のほかに死亡日、国籍、年齢、性別、職種などが一覧表の形で記載されていた。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年12月06日木曜日


先頭に戻る