全国・海外のニュース

米軍機墜落、不明5人の捜索続く 海自の艦艇など投入

 高知県沖の太平洋上で米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)のKC130空中給油機とFA18戦闘攻撃機が接触、墜落した事故で、防衛省は7日も海上自衛隊の艦艇などを投入し、行方不明者の捜索を続けた。6日に救助された2人はFA18の乗員でうち1人が死亡。不明者はKC130の乗員5人とみて、手掛かりを探している。
 事故は6日午前1時40分ごろ、高知県・室戸岬の南約100キロで発生した。
 墜落事故を巡り、岩屋毅防衛相は7日の閣議後の記者会見で「まずは捜索救助に全力を尽くす。詳細が分かれば、内容に応じ安全運航について米側に申し入れることになる」と指摘した。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年12月07日金曜日


先頭に戻る