全国・海外のニュース

バルブエナ内野手が事故死 元横浜のカスティーヨも

 【バンクーバー共同】米大リーグ、エンゼルスで今季プレーしたルイス・バルブエナ内野手(33)とプロ野球横浜(現DeNA)とロッテでプレーしたホセ・カスティーヨ内野手(37)が7日、ベネズエラでの交通事故で死去したとヤフー・スポーツ(電子版)など米メディアが伝えた。
 バルブエナは今季、96試合に出場して打率1割9分9厘と振るわず、8月上旬にエンゼルスから戦力外となっていた。大リーグ通算で1011試合に出場、打率2割2分6厘だった。
 カスティーヨは2004年にパイレーツでメジャーデビュー。大リーグで592試合に出場。10年に横浜、11年にはロッテでプレーした。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2018年12月07日金曜日


先頭に戻る