全国・海外のニュース

米政府閉鎖、最長に並ぶ21日目 国境の壁建設の予算で対立

メキシコとの国境がある南部テキサス州マッカレンを訪問したトランプ米大統領=10日(AP=共同)

 【ワシントン共同】メキシコ国境の壁建設費用の予算計上を求めるトランプ米大統領と反対する民主党の対立が解けず、政府機関の一部閉鎖は11日午前0時(日本時間同日午後2時)、21日目に突入し、1995年のクリントン政権下で起きた過去最長期間に並んだ。
 トランプ氏はスイスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席中止を発表するなど外交上の影響も出始めた。
 トランプ氏は政府閉鎖長期化の責任を問われている一方、支持層の保守派からは壁建設を進めるよう突き上げを受けている。議会を通さずに建設費用をまかなう手段として、国家非常事態宣言を検討している。


関連ページ: 全国・国外 国際

2019年01月11日金曜日


先頭に戻る