全国・海外のニュース

都、豊洲で市場直送の食イベント にぎわいを創出

豊洲市場で始まったイベントで、野菜を見る人たち=12日午前、東京都江東区
豊洲市場で始まったイベントで、サザエのつぼ焼きを買い求める親子=12日午前、東京都江東区

 昨年10月に開場した豊洲市場(東京都江東区)で12日、豊洲直送の食材を使った料理などが楽しめるイベント「豊洲市場Oishii土曜マルシェ」が開かれた。都が主催し、市場や周辺のにぎわいづくりのために3月までの毎週土曜日に開催する。
 会場では、天然ブリと旬の野菜を使った「豊洲鍋」やサザエのつぼ焼きの他、鮮魚や野菜を販売。
 豊洲では、食事や温泉が楽しめる観光拠点「千客万来施設」が昨年に開業する予定だったが、2023年に延びた。
 マルシェの会場は同施設の建設予定地。都は開業まで、にぎわいを創出するイベントを続ける考えで、4月からは豊洲市場内の別の場所で開催する。


2019年01月12日土曜日


先頭に戻る