全国・海外のニュース

首相、米との緊張緩和要請 イラン大統領と会談

共同記者発表する安倍首相(左)とイランのロウハニ大統領=12日、テヘラン(共同)
歓迎式典に臨む安倍首相。左はイランのロウハニ大統領=12日、テヘラン(共同)

 【テヘラン共同】安倍晋三首相は12日午後(日本時間同日夜)、イランのロウハニ大統領と首都テヘランで会談した。核開発を巡る米国との対立が深刻化する中、対話に応じるよう要請、衝突回避に向けて緊張緩和を呼び掛けた。「(中東)地域の緊張の高まりを深刻に懸念している。緊張緩和、情勢の安定化に向けて率直に意見交換していきたい」と述べた。現職首相のイラン訪問は1978年の福田赳夫氏以来41年ぶり。両首脳は終了後、共同記者発表に臨んだ。
 首相は記者発表で「何としても武力衝突を避ける必要がある。緊張緩和に向けて日本としてできる限りの役割を果たしたい」と強調した。


2019年06月13日木曜日


先頭に戻る