全国・海外のニュース

IR汚職、秋元議員4度目の起訴 証人買収罪、コンサル代表も

秋元司衆院議員

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件に絡み、贈賄側に裁判での偽証を依頼して報酬の提供を持ち掛けたとして、東京地検特捜部は17日、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪で、衆院議員秋元司容疑者(48)を追起訴した。共犯として知人の経営コンサルタント会社代表松浦大助容疑者(51)も起訴した。
 秋元議員の起訴はIR汚職事件での収賄罪を含めると4度目。弁護人によると、「(証人買収には)関与していない」と否認している。
 贈賄側2人に買収を持ち掛けたとされており、特捜部は、秋元議員が裁判を有利に進めるため、いずれも主導的に関与したとみている。


関連ページ: 全国・国外 社会

2020年09月17日木曜日


先頭に戻る