石巻市議会 中国・温州市と友好都市35周年、訪問団員を公募し補助

 石巻市議会は4日、総務企画委員会を開いた。中国・温州市との友好都市35周年記念事業として10月末に派遣する市民友好訪問団について、1人上限7万円を補助する意向を明らかにした。募集の仕方や定員は今後協議するが、10人ほど募り、市や市議会関係者と現地に渡り交流する。

 市地域振興課によると、温州市から「見本市で現地のバイヤーらに、石巻の紹介をしてほしい」との要望があり、写真などでのアピールを考えているという。

 同課は「国際交流への理解を心に抱きながら良い展開を行い、35周年事業を成功させたい」と述べた。


 市幹部が市役所内に亀山紘市長の選挙用チラシを張っていた問題で、市選管事務局は公選法に抵触する恐れがあることに触れ、「状況、時期、形態を総合的に判断する。張っていたからすぐに罰せられるというものではない」と説明した。

 事務局は「当時の選管事務局長は状況を確認した時は既にチラシは外されていたが、張り付けた職員に『誤解を招かれる行為はしないように注意した』と聞いた」と答えた。


2019年03月05日火曜日


先頭に戻る