石巻でスポーツフェス 内村周子さん招き、体を動かす楽しさ学ぶ

タオルを使って体を動かす参加者たち

 五輪体操金メダリスト内村航平選手の母親で、体操指導者の内村周子さんを招いたスポーツフェスティバルとニュースポーツ体験会が16日、石巻市総合体育館で開かれた。同市、NPO法人石巻市体育協会が主催した。

 市内を中心に小学生70人、大人10人が参加。周子さんの合図でタオルを持ち肩を回したり、床にタオルを置いて縦横のジャンプなどのメニューをこなし、体を動かす楽しさを学んだ。

 周子さんは「上手、上手」「すごいね、みんな」などと参加者に声を掛けた。側転や台上前転、ヘッドスプリングなどの体操指導や、体力測定などもあった。

 ニュースポーツ体験会では、氷上ではなく室内で行うカーリング「カローリング」や、ソフトディスクを使用した的当てゲーム「ディスゲッター」のほか、トランポリンなどにも挑戦。ニュースポーツの楽しさや魅力を体感した。


2019年03月22日金曜日


先頭に戻る