「才能もっと伸ばして」 石巻西RC、障害者芸術活動に寄付

三浦会長から寄付金を受け取るメンバー

 石巻西ロータリークラブは14日、社会奉仕の一環として、石巻を拠点に障害のある人たちが芸術活動を行う「ペンギンズアート工房」に5万円を寄付した。

 同市羽黒町の工房を訪れた三浦富次会長は、「子どもたちが才能を伸ばす姿に感動した。今後も援助を続けていきたい」と話し、メンバーに寄付金を手渡した。

 アート工房の宮川和子代表は「地域の美術館として個人宅や商店へリースし、絵を残していきたい。展示資金として活用させていただく」と感謝した。

 工房では10〜30歳のメンバー13人が、月1回程度、絵や習字などの制作に取り組んでいる。


2019年04月16日火曜日


先頭に戻る