日本庭園、春の装い 石巻・森芳春荘が一般公開

一般公開された森芳春荘庭園

 石巻市新橋の森消化器内科外科院長宅にある「森芳春荘」の日本庭園が14日、一般公開された。

 約3300平方メートルの庭園の池の周りにはさまざまな樹木が植樹されており、桜も花を咲かせていた。豊臣秀吉の側室淀君ゆかりの茶室「又〓(ゆうき)庵」があることでも知られている。

 園内では表千家石巻教授者会による茶会が開かれ、訪れた市民は趣のある庭園を散策したり、お茶や和菓子を口にしたりして心を癒やしていた。

 登米市の60代の男性は「日本庭園が好きで東北各地を見てきたが、石巻の個人宅にこのような庭園があることを初めて知った。石組みの造りが素晴らしい」と感激した様子だった。

 森芳正院長(69)は「日本庭園の良さを感じていただきたい」と話し、秋は恒例の紅葉のライトアップを予定している。

※〓は七3つ


2019年04月16日火曜日


先頭に戻る