飲酒運転を根絶しよう 飲食店などにチラシ配布 東松島

JR矢本駅周辺の飲食店にチラシやステッカーなど配布した

 春の交通安全県民総ぐるみ運動に合わせ、東松島市矢本のJR矢本駅周辺で10日、「飲酒運転根絶作戦」が展開された。

 市交通安全防犯推進協議会が主催し、地区住民ら約30人が参加。コースターとステッカー、チラシの計60セットを同駅周辺の飲食店などに配布した。

 活動に先立ち、小山修副市長は「無事故を目指し、一杯引っかけたまま運転して帰らないよう、声掛けをしていこう」とあいさつ。

 石巻署の菅原充交通課長は「犯罪の発生源にならないよう、声掛けの協力をお願いしたい」と呼び掛けた。


2019年05月16日木曜日


先頭に戻る