石巻地区4ロータリークラブ、宝さんに奉仕賞 子育て世代を支援

表彰状を手にする宝理事長(中央)

 石巻、石巻東など石巻地区4ロータリークラブは15日、子どもたちの健全育成や子育て世代の支援に貢献したとして、石巻市日和が丘4丁目の「放課後こどもクラブBremen(ブレーメン)」の宝鈴子理事長(64)に奉仕賞を贈った。

 4クラブの合同例会が石巻グランドホテルであり、宝理事長を表彰した。宝理事長は「小さな子どもクラブを温かく見守ってもらい、本当にありがたい」と感謝した。

 宝理事長は、石巻市などで小学校教諭を務めた。東日本大震災後は子ども支援のボランティア活動に従事し、2012年にクラブを設立。自宅の一部を活用して児童を預かる。学習支援のほか、合宿や将棋大会といった活動も展開する。

 「持続可能な町づくりのためにできること」と題して講演した宝理事長は、クラブ設立の経緯や活動内容を紹介。「子どもの問題は町の未来の問題。10年先を見越し、子育て世代を支える必要がある。子どもの健全育成に貢献できるよう頑張っていく」と語った。


2019年05月18日土曜日


先頭に戻る