課題の解決へ意欲 志小田教育長に辞令 東松島市

渥美市長から辞令書を受け取る志小田教育長(右)

 東松島市の新たな教育長として志小田美弘氏(60)=東松島市赤井=が21日、就任した。市庁舎であった辞令交付式で志小田教育長は「(東松島市にある)多くの魅力を生かし、教育振興に誠心誠意努めていく」と強調した。

 式は、幹部職員ら41人が出席した部課長会議に先立ち行われ、渥美巌市長が辞令書を志小田教育長に手渡した。

 渥美市長は「市は全校へのエアコン導入など学校環境整備を推進する。学力向上や不登校対策といった課題に統率力を発揮して取り組んでほしい」と期待した。

 志小田教育長は、学校と地域が連携しながら市内全校で展開するコミュニティー・スクールなどを踏まえ「東松島にはさまざまな良さがある。多くの力を借りながら教育の振興、発展に力を尽くしたい」と抱負を語った。

 任期満了に伴い20日に退任した工藤昌明氏(67)の後任となった志小田教育長の任期は2022年5月20日までの3年。志小田教育長は、石巻中校長や県中学校長会長などを歴任し、10日の東松島市議会臨時会で承認された。


2019年05月22日水曜日


先頭に戻る