「しつけが大切」再確認 犬と触れ合うイベント 石巻

愛犬と触れあう参加者たち

 愛犬と触れ合う体験イベント「犬楽(がく)園フェスタ2019」(犬楽園、人と犬の幸せな共生をリポートする「戌柳(いぬやなぎ)」主催)が19日、石巻市中瀬公園で開かれた。

 「石巻最大級のドッグイベント!」と名付け、犬と人が「学び、遊び、出会える場」を提供するのが目的。地元をはじめ、遠くは山形などから愛好者174組が受け付けを済ませ、プードルやポメラニアン、チワワ、柴犬など愛犬300頭以上と一緒に参加した。

 愛犬と幸せになれる講座や、パピーパーティー(子犬の交流会)など趣向を凝らした企画もあり、好評だった。

 講座では、西原克明・森のいぬねこ病院長(仙台市)や、犬育士の鈴木真由美さん、ペットを守る防災士の成田司さん(ともに東京都)ら専門家が講師となり、しつけや育て方をアドバイスした。

 愛犬を連れてきた石巻市の30代夫婦は「日頃から小さい時からのしつけが大切であることを再確認しました。愛犬家たちとも知り合えて良かった」と語った。

 主催した犬楽園の天野美紀代表(41)は「昨年の荻浜での開催に比べ、大幅な参加増で、予想以上の反響ぶりでした。今後も続けていきたい」と話していた。


2019年05月22日水曜日


先頭に戻る