東北電「花いっぱい運動」 石巻の園児と苗植え

協力して花の苗を植える園児ら

 東北電力石巻営業所と石巻電力センターなど東北電グループは5日、営業所に近い石巻市大街道北1丁目の市ふたば保育所前の花壇で、園児や地元住民と一緒に花の苗を植えた。

 地域貢献活動として1984年から続ける「花いっぱい運動」で、社員と園児、下大街道老人クラブの会員の計約120人が参加。園児と大人がペアを組み、ベゴニアとマリーゴールドの苗約400本を植えた。

 活動終了後、参加者には東北電が花の種をプレゼント。園児はラベンダーの花で手作りしたしおりを贈った。

 保育所の飯塚初美所長は「きれいな花を植えて、心の中にも優しい気持ちが植えられたと思う。それを大きく育ててほしい」と呼び掛けた。


2019年06月07日金曜日


先頭に戻る