口腔ケア呼び掛け 健康週間で市民の集い 石巻歯科医師会

歯科医に口の中を見てもらう子どもたち

 歯と口の健康週間(4〜10日)に合わせ、石巻歯科医師会は9日、「第35回歯と口の健康市民の集い」を石巻市中里3丁目の石巻口腔(こうくう)健康センターで開いた。

 歯磨き指導コーナーでは、来場者が汚れに反応する染め出し液を使い、歯科衛生士から正しいブラッシングの方法を学んだ。歯科医による相談ブースや、人工歯を削って樹脂の詰め物を入れる体験コーナーも設置。来場した多くの市民らが口腔ケアの大切さを再確認していた。

 家族4人で訪れた同市蛇田小5年の菅原優愛さん(10)は「歯磨きは気を付けてしているつもりだったが汚れがあった。アドバイスを実践していきたい」と意欲的に語った。

 石巻歯科医師会地域保健委員会の木村文洋委員長は「食事や会話などに使う口は健康の源。ケアの大切さを呼び掛けていきたい」と話した。


2019年06月11日火曜日


先頭に戻る