事故や詐欺に注意を 安協東松島支部、矢本西団地で啓発活動

団地内の住民にチラシと交通安全グッズを渡す女性部のメンバー

 石巻地区交通安全協会東松島支部は9日、東松島市矢本の矢本西団地で交通事故と特殊詐欺被害の防止を目的とした広報活動を行った。

 同支部女性部のメンバー約20人が手分けして、団地内の約130世帯を訪問。交通事故と特殊詐欺被害に遭わないための注意点などが書かれたチラシ、反射板を手渡し、被害防止を呼び掛けた。

 同支部は年1回、東松島市内の防災集団移転団地1カ所を訪問し、被害防止活動を実施している。

 木村政敏支部長(65)は「啓発活動を通じて、家庭内で交通事故や特殊詐欺などを話題にしてもらい、死亡事故と詐欺被害ゼロにつなげていきたい」と話していた。


2019年06月12日水曜日


先頭に戻る