石巻でシニアスポーツ大会 仲間と元気にプレー

目標に向け鉄球を投げ、チームで得点を競うペタンク

 石巻市石巻支部老人クラブ連合会の第7回シニアスポーツ大会が7日、同市小船越の追波川河川運動公園で開かれた。参加者はペタンクとグラウンドゴルフの2種目で、練習の成果を競い合った。

 ペタンクには、3人ないし4人1組で石巻、住吉、蛇田、釜・大街道の4地区から合わせて12チーム(44人)が参加。4コートに分かれリーグ戦を行い、上位4チームで優勝を争った。

 ペタンクは鉄球をピュットと呼ばれる的に近づけるゲーム。簡単そうに見えて、鉄球を投げる力加減や正確なコントロールが必要で、1投ごとに拍手や熱い声援が仲間から飛んでいた。

 グラウンドゴルフには石巻、住吉、湊、蛇田、渡波、稲井から計48人が出場。1チーム3、4人の16グループに分かれて8コースを回り、個々の選手が打数の少なさを競った。

 結果は次の通り。

▽ペタンク
(1)開北みどり会B
(2)羽黒親和会A
(3)羽黒親和会B

▽グラウンドゴルフ
(1)丹野清(流留長生会)
(2)阿部貞子(南中里寿会)
(3)末永光吉(睦和会)


2019年06月12日水曜日


先頭に戻る