都市対抗野球あす開幕 東北代表チーム、日本製紙石巻から補強8人

 13日に東京ドームで開幕する第90回都市対抗野球大会に、日本製紙石巻の8選手が東北代表3チームの補強選手として出場する。チームとしての参加はかなわなかったが、助っ人として大舞台に立つ。

 第1代表のJR東日本東北(仙台市)には、斉藤侑馬投手(30)、小野悠介内野手(28)、石黒凌外野手(24)が選出された。斉藤投手は3回目の選出。初戦は15日、信越硬式野球クラブ(長野市)と対戦する。

 第2代表のきらやか銀行(山形市)には、塚本峻大投手(27)、篠川拓也内野手(27)、長谷川拓哉内野手(30)の3人が選ばれた。篠川、塚本両選手は2年連続の選出。13日、パナソニック(門真市)と初戦を争う。

 第3代表の七十七銀行(仙台市)からは、宮内春輝投手(23)、西藤勇人外野手(28)の2人が出場する。宮内投手はルーキーで選出された。初戦は14日、ヤマハ(浜松市)と戦う。


2019年07月12日金曜日


先頭に戻る