北上川改修の歴史たどるスタンプラリー、あすスタート 河川事務所

北上川改修の歴史をたどるスタンプラリーの台帳

 国土交通省北上川下流河川事務所は13日から、北上川改修の歴史をたどるスタンプラリーを石巻、登米両市内で実施する。改修に尽力した川村孫兵衛らのゆかりの地や分流施設など6カ所を巡り、治水事業に理解を深めてもらう。全ポイントのスタンプを集めた人には記念のカードを贈る。期間は8月20日まで。

 スタンプ設置場所は、旧北上川改修の歴史や東日本大震災の被害や復興の歩みを紹介する「水辺の復興・みらい館」(石巻市中瀬)、日和山公園の川村孫兵衛の銅像、北上川河川歴史公園(登米市豊里町)の分流施設、登米懐古館(同市登米町)など計6カ所。

 スタンプラリーの台帳に6カ所のスタンプを押して水辺の復興・みらい館か登米懐古館に持参すると、国交省が発行する河川構造物カードの「旧北上川分流施設プレミアムカード」がもらえる。台帳は両館や下流河川事務所、管内各出張所などで配布する。

 期間中、水辺の復興・みらい館では川村孫兵衛の功績を紹介する展示会を、登米懐古館では北上川改修や新田開発を進めた登米伊達家初代の伊達宗直を紹介する展示会が開かれる。

 同事務所の担当者は「石巻地方では伊達宗直の功績はあまり知られていない。イベントを通じて県内の上流、下流の交流が深まってほしい」と話した。

 連絡先は同事務所0225(95)0194。

※北上川改修歴史探訪スタンプラリー | 国土交通省北上川下流河川事務所
https://www.facebook.com/kitakamikaryu/photos/a.132334947305198/512247599313929/


2019年07月12日金曜日


先頭に戻る