「暑い夏を期待」 東松島・月浜で海開き、石巻地方トップ

日光浴を楽しむ若者たち

 石巻地方のトップを切って13日、東松島市宮戸の月浜海水浴場がオープンした。安全祈願祭と海開き式には関係者12人が出席。8月20日までの開設期間中の無事故を祈り、大勢の人出に期待していた。

 海水浴場を管理・運営する月浜自治会の小野舛治会長(70)は「梅雨明けが遅く、低温が続くと予報されているが、暑い夏になることを期待したい」とあいさつした。昨年並みの約2万4000人(38日間)の人出を見込んでいる。

 この日は好天に恵まれ、東松島で最高気温が26.4度、水温は22度と海水浴日和となり、家族連れや若者らが訪れ、待ちわびていた夏を思い思いに満喫していた。

 昨年の海開きに続いて訪れた石巻市の会社員鶴岡真之さん(42)は「水温は低い感じはしない。気持ち良い」と感想を話した。

 東京都の会社員の男性(23)は「インターネットで検索したら月浜が出ていたので友人2人と車で来ました」と笑顔で語り、砂浜にシートを敷いて日光浴を楽しんでいた。

 石巻市渡波、北上町白浜、網地島の網地白浜の各海水浴場は20日にオープンする。


2019年07月14日日曜日


先頭に戻る