手作り料理で恩返し 石巻「かあちゃんの会」、案内所利用客に振る舞い

会員が手作りした料理を受け取る利用客ら

 石巻市役所1階の石巻観光協会駅前案内所で野菜や総菜を販売する生産者の女性グループ「かあちゃんの会」は11日、手作りの赤飯や料理を案内所で利用客に振る舞った。

 会員8人が赤飯とタケノコなどの炊き込みご飯、鶏肉とキュウリの中華あえ、カボチャの寒天などを約100人分用意した。午前9時半の開始時には常連の利用客ら約50人が列を作り、旬の素材を使った家庭的な味を楽しんだ。

 料理の無料提供は、2017年12月に閉鎖した市観光物産情報センター「ロマン海遊21」では定期的に実施していたが、案内所が市役所に移転してからは今回が初めて。

 黒須洋子会長(73)は「朝採り野菜などをメインに販売し、売り上げが伸びている。日ごろの恩返しにごちそうさせてもらった。今後は定期的に企画したい」と話した。


2019年07月14日日曜日


先頭に戻る