石巻スタンド・アップ・ウイーク開幕 「地方文化」探り、意見交換

スタンド・アップ・ウイークが開幕。初日を飾ったイベントは石巻2025会議。文化について熱い意見が交わされた

 石巻川開き祭りまでの街中をさまざまなイベントで盛り上げる「ISHINOMAKI STAND UP WEEK(スタンド・アップ・ウイーク)2019」が12日、開幕した。

 第1弾として地域の未来を考える「石巻2025会議」が旧観慶丸商店(石巻市中央3丁目)で行われた。市民参加型のイベントで「複合文化施設」や「市民活動」など、地方文化について八つのテーマに分かれて意見を交換した。

 それぞれのテーブルごとに、西條允敏さん(石巻市文化協会)、三國裕子さん(演出家・女優)、矢口龍太さん(いしのまき演劇祭実行委員会代表)ら文化活動に取り組んでいる人たちが話題を提供。石巻地方のこれからの文化の在り方を探った。

 スタンド・アップ・ウイークは東日本大震災があった2011年の夏、ISHINOMAKI2.0の主催で、街の未来を語る街づくりウイークと位置付けて始まった。石巻2025会議は地方文化論を通じて、9年目のスタートにふさわしい活気を生んだ。

 代表理事の松村豪太さん(45)は「被災から8年が過ぎて街中にも変化が現れてきている。そうした動きに対応しながら既成概念にとらわれず、川開き祭りにつながるような街を面白くするイベントを企画していきたい」と語った。

 連絡先は0225(90)4982。

 会期は8月1日まで。今後の主なイベントは次の通り。
▽20日=石巻一箱古本市、野外上映会「夜空の岡田劇場」
▽20、21日=昭和の石巻
▽21日=ロックンロール国際交流会
▽24日=巻っこたちによるはじめてのおつかい
▽25日=浴衣パーティー
▽26日=口笛書店×ISHINOMAKI2.0 野田洋次郎さん公開インタビュー
▽28日=「R」vol17

※ISHINOMAKI STAND UP WEEK https://suw.ishinomaki2.com/


2019年07月15日月曜日


先頭に戻る