いらっしゃいませ>町の洋食屋さん ぐ〜はっち(東松島市牛網)

バーカウンターも備える店内。2月からテークアウトも開始した

<不動の人気、ハンバーグ>

 店名が気になっていた。「ぐ〜」はおなかが鳴る音と「good(グー)」、「はっち」は代表の千葉美香さん(51)が勤めていた会社の名前が由来という。

 オーナーで夫の裕博(やすひろ)さん(50)はアメリカンカジュアル好きで、店内はアメリカの田舎町にあるレストランを思わせる雰囲気だ。カウンターは4席、テーブル席は26席ある。

 1番人気は、肉とスパイスのバランスにこだわったハンバーグ。特にデミグラスハンバーグ(950円)は不動の人気だ。4カ月ごとに変わる「四季のワンプレート」(1000円)は1日限定10食。主婦に好評という。

 「がっちりワンプレート」(1500円)はハンバーグ、ウインナー、ポークジンジャーと大盛りライスの組み合わせ。欲張りな人も大満足のボリュームだ。

 昨年9月にオープン。今年3月29日の「肉の日」にはステーキ食べ放題イベントを開催した。千葉代表は「9月も1周年記念イベントを実施する。ぜひ期待してほしい」と話していた。

 最後に。取材中にいただいたキーマカレー(800円)、バターの香りと焦げたライスの食感がぐ〜でした。ごちそうさまでした。(斎)

◇メモ:午前11時半〜3時、午後5時〜9時。水曜定休。東松島市牛網上西18の1。0225(98)5877。


2019年07月15日月曜日


先頭に戻る