石巻・日本カーシェアリング協会、リサイクル業者と協定締結

廃車に関する資料をアイエス総合の社員(左)に手渡した後、談笑する松川社長

 寄付された車を活用し、全国各地の被災地などで移動支援活動を続ける石巻市の一般社団法人「日本カーシェアリング協会」が、車検切れや故障で乗れなくなった車の寄付を呼び掛けている。提携するリサイクル業者が買い取り、協会の寄付金に充てる仕組み。引き取りは無料で、寄付金は車の維持管理費などに充てる。

 石巻市の建設業「松川工業所」は8日、普通乗用車1台を同協会に寄付した。登米市の自動車リサイクル業「アイエス総合」の社員が乗用車を引き取りに松川工業所を訪れ、松川きみ子社長から廃車に必要な書類を受け取った。

 松川社長は「廃車同然の車を無料で引き取ってもらえる上、誰かの役に立つのならうれしい」と話す。

 協会の石渡賢大マネージャー(29)は「100台以上の車があり、維持管理の支払いは大変だ。寄付はありがたい」と感謝した。

 同協会は6月、アイエス総合と協定を締結した。活用できなくなった車は同社が分解、再利用する。1台当たりの買い取り額は軽乗用車が5000円以上、普通乗用車が1万円以上を見込む。

 協定締結後、大阪府の企業と静岡県の個人から車検時期が迫っていた軽乗用車が1台ずつ寄付された。

 同協会は8月を「乗らない車を寄付する月間」と指定。高齢者が運転免許証を返納し乗らなくなった車などの寄付を呼び掛ける。車検が半年以上残り、走行に支障がない車はこれまで通り移動支援に使用。活用できない車は寄付者の同意の上、リサイクル業者に買い取られる。業者が現地まで引き取りに行く。

 石渡マネージャーは「お盆休みは家族が集まる期間。家族で高齢者の免許の返納や車の処理について考えてほしい」と話す。

 連絡先は日本カーシェアリング協会0225(22)1453。
https://www.japan-csa.org/


2019年08月12日月曜日


先頭に戻る