白浜海水浴場で夏祭り 世代超え、地引き網 石巻・北上町

懸命に網を引っ張る海水浴客

 石巻市北上町の白浜海水浴場で11日、地元団体が主催する夏祭りが開かれた。海水浴客を対象にした地引き網体験では、世代を超えて参加し歓声が響いた。

 地引き網体験は白浜地引網組合が協力。約500メートル沖合に仕掛けた網を砂浜で二手に分かれた海水浴客が力を合わせて引っ張った。「頑張れ、頑張れ」「もっと引っ張って」などと声を掛け合いながら網をたぐり寄せ、掛かった魚を見つけると笑顔が広がった。

 色麻町色麻小5年の小川拓真君(11)は「引っ張っている時、魚が沖合でピチピチと跳ねているのが見えた。網は重かったけれど楽しかった」と話した。

 夏祭りは白浜ビーチパーク運営組合、一般社団法人ウィーアーワン北上、一般社団法人イシノマキ・ファームが主催。北上町産ホップを使ったクラフトビール「巻風エール」の販売や、あら汁の無料提供もあった。


2019年08月12日月曜日


先頭に戻る