子の成長報告 家族で墓参り お盆入り・石巻地方

墓前に手を合わせ、先祖の霊を慰める家族連れ

 お盆入りの13日、石巻地方の霊園や寺院には家族連れが次々訪れ、先祖や東日本大震災で亡くなった人を供養した。

 石巻市須江の「石巻望洋苑」にも朝早くから家族連れや夫婦が足を運んだ。墓石やその周囲を丁寧に掃除した後、線香や花などを供え冥福を祈った。

 東松島市の漁業の男性(29)は妻(24)、長女(3)、長男(1)と訪れ、墓前で静かに手を合わせた。

 男性は「祖父母に、子どもたちが大きくなったことを報告しました」と話していた。


2019年08月14日水曜日


先頭に戻る