古里の夏最高! 大須浜祭り華やぐ 陸に海にイベント多彩 石巻・雄勝

漁船クルーズを楽しむ親子連れ

 石巻市雄勝町大須地区の「大須浜祭り 2019 × LIGHT UP NIPPON」(実行委ほか主催)が11日、大須漁港であり、地区住民や帰省客らが陸上と海上イベントを楽しんだ。

 ステージイベントでは、石巻市のよさこいチーム「舞綺瓔(ぶきよう)」の演舞や「雄勝オーリンクオーケストラ」の演奏が祭りを盛り上げた。

 漁船クルーズもあり、家族連れらが乗船し、潮風を浴びながら船旅を満喫した。

 親戚が大須出身という埼玉県鴻巣市鴻巣北小3年の土井温音(はると)君(8)は「波が荒れていて、船が揺れて怖かったけど楽しかった」と声を弾ませた。

 夜は東日本大震災の犠牲者を追悼する灯籠流しと、復興を願った1000発の花火の打ち上げがあり、祭りを締めくくった。

 祭りは13年に始まり、今年で7年目。

 阿部久良実行委員長(46)は「祭りがあることで、古里に帰ってくる人が増えているので、祭りの定着を実感している。さらに盛り上げていきたい」と話していた。


2019年08月14日水曜日


先頭に戻る