お知らせ>9月14日 口笛書店、西加奈子さん招き公開インタビュー

作家として活躍する西加奈子さん=撮影・若木信吾

 石巻市の街中にオープンした口笛書店(中央2丁目)は9月14日、IRORI石巻(同)で小説家の西加奈子さんを招いた公開インタビューを開く。参加者を募集している。

 RADWIMPSボーカル野田洋次郎さんへの公開インタビューに続く設立記念企画第2弾。口笛書店代表の日野淳さん(42)=石巻市出身=が聞き手になり、「小説はいつ、どこで生まれるのか」をテーマにトークを繰り広げる。

 西さんは2004年「あおい」でデビュー。「さくら」(05年)がベストセラーになり、14年の「サラバ!」で直木賞を受賞した。さらに東日本大震災前に石巻・女川を旅したことをきっかけに生まれた「漁港の肉子ちゃん」(11年)は当時、幻冬舎に勤めていた日野さんが編集を担当した。

 日野さんは「小説が生まれる瞬間を、西さんはどんな風に捉えているのか。頭の中で思い描いたストーリーをそのまま文字にするだけで小説と呼ばれる作品が出来上がるのか。『漁港の肉子ちゃん』の経緯も振り返りつつ、小説の表現全般の不思議と魅力について伺いたい」と話す。

 日野さんは震災で被災した古里から出版文化を発信しようと6月、活動拠点を東京から石巻に移して街中に口笛書店を立ち上げた。東京時代に編集者として培った人脈を生かしたイベントもその一環で、石巻地方の文化活動の活性化に役立てたい考えだ。

 西さんへの公開インタビューは当日午後5〜6時。定員100人(定員に達した段階で締め切る)。入場料1000円(ドリンク付き)。参加希望者は応募フォームから申し込む。1人一口。https://kuchibueshoten.co.jp/nishikanako-ishinomaki/


2019年08月16日金曜日


先頭に戻る