さんま祭り 川辺で旬の味、堤防に焼き台 石巻・元気いちば

サンマの炭火焼きを楽しむ家族連れ

 石巻市中央2丁目のいしのまき元気いちばで6日、さんま祭りが開かれた。炭火焼きサンマやすり身汁が販売され、来店者が秋の味覚に舌鼓を打った。

 同いちば前に今夏プレオープンした旧北上川かわまちづくりの「堤防一体空間」との接続記念として開催した。500匹の冷凍サンマを用意し、堤防に設けた焼き台で焼いた。

 家族4人で訪れた仙台市宮城野区の自営業斎藤恵二さん(43)は「女川にも水揚げされてサンマの季節が到来した。家族はサンマが大好きで、存分に味わいたい」と笑顔を見せた。

 会場では1ケース10匹入りのサンマを、客側が価格を決めて購入する「サンマたたき売り」のイベントや、焼きガキ、焼きアワビも人気を集めた。いちばの店内では水揚げされたばかりのサンマのほか、サンマを使った加工製品を特別価格で提供した。


2019年10月09日水曜日


先頭に戻る