安心なまちづくり 全国地域安全運動に先駆け、石巻署で出動式

元気に防犯標語を唱和する園児たち

 11日から20日まで展開される全国地域安全運動に先駆け、石巻署は8日、同署で出動式を開いた。石巻地方2市1町の防犯実働隊、防犯協会など18団体から約130人が参加し、地域の犯罪抑止を誓った。

 本年度は「子どもと女性の犯罪被害防止」「特殊詐欺の被害防止」「車上狙いの被害防止」「万引の被害防止」を重点に置く。

 石巻地区防犯協会連合会の菊地良大会長が「地域住民一人一人の防犯意識向上のため、防犯活動を推進していく」とあいさつした。

 石巻市山下町1丁目の私立穀町幼稚園の園児約60人が防犯標語「いかのおすし」を元気に唱和し、防犯意識を高めた。

 式の最後には女川町防犯協会の阿部求さんが「パトロールに出動します」と出動申告した。

 石巻署管内の9月末現在の被害状況は、子どもと女性への声掛けや付きまといなどが102件(前年比15件減)、特殊詐欺被害11件(同5件増)、車上狙い84件(同48件増)、万引93件(同11件減)となっている。

 同署の長谷川周生活安全課長は「車上狙いが倍増している。パトロールを強化するなどして1件でも減らしたい」と話していた。

 河北署は、11日に出動式を行う。


2019年10月09日水曜日


先頭に戻る