利用2万人突破 東松島・矢本海浜緑地パークゴルフ場

2万人目の利用者となった堀田さん(右から2人目)

 4月にオープンした東松島市の県立都市公園矢本海浜緑地パークゴルフ場の利用者が4日、2万人に達し、現地で記念のセレモニーがあった。

 2万人目となったのは同市大曲の主婦堀田峯子さん(74)。いずれも近所の友人の主婦中山豊子さん(70)、近藤明美さん(64)と3人で訪れた。渥美巌市長から優待券と特産品のノリなどが贈られた。月に2〜3度はプレーしているという堀田さんは「驚いたけれど、うれしい。健康づくりになるし、友達と話しをしながらプレーするのが楽しい」と喜んだ。

 パークゴルフ場は1日、整備中だった18ホールが完成し、全54ホールでプレーが可能になった。年末年始以外は通年営業し、初年度は3万人の利用を見込む。

 渥美市長は「冬場は雪で閉鎖されるコースが多いので、内陸部からの誘客にも期待したい」と話した。


2019年11月06日水曜日


先頭に戻る