思いやりの心描く 小学生の作品展示 石巻人権擁護委員協議会

河南地区6小学校の児童の作品が展示されているイラスト・ポスター展

 石巻人権擁護委員協議会の「小学生人権イラスト・ポスター展」が、石巻市北村の遊楽館で7日まで開かれている。

 河南地区6小学校の児童たちが「いじめをやめよう」「いのちを大切にしよう」など、互いを思いやることを描いた182点を展示している。

 1217点の応募があり、各地区ごとの会場で12月まで展示会を実施する。

 ポスターとイラストは、保管していた仙台法務局石巻支局が台風19号の大雨で浸水し被害に遭ったが、協議会会員がアイロンがけするなどした。

 佐々木慶一郎会長は「会員の尽力で展示会を開催することができたが、一部児童が描き直した絵もある。人権に対する子どもたちの感覚や、人を大切に思う気持ちが感じられる作品ばかりだ」と話し、観覧を呼び掛けている。


2019年11月06日水曜日


先頭に戻る