台風19号・応急修理費補助 石巻市、精算済み分を独自支援

 石巻市は8日、台風19号で被災した住宅の応急修理費支援制度の申し込み受け付けを始める。災害救助法に基づく国の制度を活用するが、既に修理工事を発注し、費用を支払った場合は対象とならないため、市が独自に支援する。

 罹災(りさい)証明書で一部損壊以上と判定された住宅が対象。全壊、大規模半壊、半壊は59万5000円、一部損壊(準損壊)は30万円をそれぞれ上限とする。

 修理は日常生活に欠かせない設備で、屋根や床などの基礎部分、ドアなどの開口部、上下水道などの配管、配線、トイレや浴槽の衛生設備などを対象とする。内装に関するものは原則として対象外。

 申し込みは、市役所3階の住宅の応急修理制度相談窓口で受け付ける。時間は午前9時から午後4時半まで。

 連絡先は同窓口0225(95)1111内線3983、3984。

※台風第19号に伴う被災住宅の応急修理制度 - 石巻市
https://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10401000/9002/20191029150710.html


2019年11月08日金曜日


先頭に戻る